2018年6月25日月曜日

お客様車両268

お客様車両
グリーンマックス旧製品加工 『グリ完』73系
中古で購入したグリーンマックス完成品を加工しました!
製品は、1977年に「完成品」で発売された製品です。
後に塗装・組み立てを省き一体車体キットとして再発売されましたが、
TOMIXのHG製品などに比べると表現が古く、近年の再生産はないようです。

先に発売されたGM103系後期型(初代製品)と寸法や一部金型を共用しているせいか、
若干デフォルメが強い所も見られます。
サハ78などは実。在しない形態ですねー

中古完成品とは言え前の所有者がかなりフリーダムに手を入れてしまっていたので、かなり部品など交換する羽目になってしまいました。

屋上は明るいねずみ色で塗られていたものを、ベンチレーターを外しGMダークグレーに再塗装。モハ・クモハの配管には一応色入れを。
ベンチレータ自体も変に塗られていたので再使用はあきらめ、KATOクモヤ90や103系のものにねずみ色塗装をした上で交換してあります。

パンタグラフはエンドウ製と同じと思しき集電パンタが乗っていたはずだったのですが、前所有者がKATOの旧PS16を接着で強引に取り付けていたので撤去、現行のGMのPS13をねずみ色塗装して載せました。

窓のアルミサッシは色差しが元々入っていなかったので筆塗りで塗装。車体各部の標記類も市販インレタで入れ青梅・南武線風としました。
…車体だけでもぶどう色の基本塗装以外はすべて入れ替え、キットをストレートに組むのと手間があまり変らなかったような…

床下も機器ごとクハとクモハは交換。構造と経年劣化のせいか分解しただけで破損したものもあったので。先頭部には連結に備えTNカプラーを加工装着してあります。
中間車は当時のままのウェイト兼用のダイキャスト床下機器です。これのためプラ床板に大穴があいているせいで強度が怪しくなり、また床下器具の見た目もかなり甘いディティールなのですが、それはそれで時代なりでしょうか?

動力ユニットは当時の物が使えました。
(もともと初期の111系電車のものより、精度や状態が良いのだそうです)
さすがに轟音を立てるなど時代なりですが、普通に走るのに鉄コレ動力に交換するのも、もったいなくて手間ですので、後期車のDT20代用に見立ててそのまま使ってます。
台車は前所有者が変な色に塗っていたので一旦は黒に塗りましたが、各部状態が怪しく再利用不可能と判断、結局ストックパーツに全交換してしまいました。(あまり安く済んでませんね)
独特の味が楽しいので、青梅線に見立てて使おうと思います!

2018年6月24日日曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅40-4

駅長ブログ ライブラリー
2014年8月7日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅40-4
4度目の彦根遠征
彦根→米原間 45分乗り鉄・撮り鉄の旅

JR乗車 ~彦根~
彦根駅コンコースで近江鉄道構内を撮影、本線上で入れ替え作業を行っていましたので撮影し、
朝ごはんの時間になったので、ホテルに戻りました。
近江鉄道 800形
本線上で入れ替えを行っており、手際の良さにびっくり。

近江鉄道 800形
西武元401形で近江鉄道オリジナル改造車。

近江鉄道 100周年
開業100周年を迎えたそうです、現役車のイラストがかわいいです。

彦根駅コンコース内
つばめの子が間もなく巣立ちそうです。


~完~
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年6月23日土曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅40-3

駅長ブログ ライブラリー
2014年8月6日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅40-3
4度目の彦根遠征
彦根→米原間 45分乗り鉄・撮り鉄の旅

JR乗車 ~米原→彦根~
JR側のホームへ移動し、構内を散策。221系リニューアルと223系6000番台の併結シーンを見て、彦根に移動しました。
311系と313系
最近313系が増備され、あまり見れなくなった311系が前照灯を点けていたので
遠くでしたが思わずシャッターを切りました。

221系Rと223系6000番台
221系8連と2234系6000番台の併結作業を見ることが出来ました。
女性の運転手がスムーズに運転され、びっくりしました。
前回1月は非リニューアル車でしたが今回リニューアル車に乗る事が出来ました。



221系R
リニューアル車は前照灯の変更と内装の変更の様でした。

221系R 車内
シート生地の変更とヘッドカバーが変更されています。

221系R

JR乗車 ~彦根~ に続く
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年6月22日金曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅40-2

駅長ブログ ライブラリー
2014年8月5日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅40-2
4度目の彦根遠征
彦根→米原間 45分乗り鉄・撮り鉄の旅

近江鉄道 初乗車 ~米原~
西武線ではあまりない、トンネルを抜け、新幹線高架をすり抜けると、米原駅へ到着します。
島式ホームと引き込み線1の簡素な終着ホームで割と近代的な構造であり、レイアウトで簡単に再現出来そうなつくりです。
近江鉄道 900形
米原よりの先頭、大胆な色使いが目を引きます。

近江鉄道 900形
彦根よりの先頭、いわゆる前パンです。

近江鉄道 米原駅
引き込み線があり、レイアウト作成の参考になります。

近江鉄道 米原駅
近代的なホームですが、改札に駅員さんはいませんでした、ちょっとさびしいです。

JR乗車 ~米原→彦根~ に続く
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年6月21日木曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅40-1

駅長ブログ ライブラリー
2014年8月4日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅40-1
4度目の彦根遠征
彦根→米原間 45分乗り鉄・撮り鉄の旅
自身4度目となる、彦根遠征を7/19~21まで行いました。今回は45分間と前回よりわずかではありますが、少し長めに時間をとることが出来たのでご報告致します。
行き彦根→米原間を近江鉄道乗車。帰り米原→彦根JRを利用しました。

近江鉄道 初乗車 ~彦根→米原~
彦根へ4回目となる遠征で、ついに近江鉄道に乗車することが出来ました。
車窓は、ローカル線を満喫出来る内容で、線路には草がかなり生い茂り、車体の揺れがすごいものでした。
首都圏とは一風違った風景で、ファンには堪らない乗り心地です。
近江鉄道 900形
元西武鉄道 新101系で「淡海」号として利用されています。
本当は800形に乗車したかったのですが、残念!

近江鉄道 900形車内
車内連結側にクロスシートと自転車スペースが用意されていました。
クロスシートは転換タイプの様ですが、固定されていました。

近江鉄道 900形車内
車内中央部へ振り返ると、元西武101系の面影を残すロングシートがそのまま利用されています。
この日は他の乗客はおひとりでした

近江鉄道 初乗車 ~米原~ に続く
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年6月20日水曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅39

駅長ブログ ライブラリー
2014年6月9日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅39
出雲の旅
2014年5月21日撮影
(撮影場所)
出雲市駅
(お客様のコメントです)
旅の帰りは出雲市駅から。やくもが到着しました

ゆったりやくも、リニューアルされてシートピッチが広がりゆったりしているそうです

サンライズ出雲東京行、停車時間に余裕があるので反対側から撮影

前回の瀬戸はシングルだったので、今回は安いソロに乗りました

ソロはシングルより1000円安いですがかなり狭いです

シャワーは増税で320円になってました、6分使えます



シャンプーとボディーソープが装備されています。走行中のシャワーって滑るんですよね
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年6月19日火曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅38

駅長ブログ ライブラリー
2014年6月6日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅38
京阪電車 京津線
2014年4月25日撮影
(撮影場所)
浜大津駅付近
(お客様のコメントです)
浜大津駅にて路面併用区間の撮影です。

浜大津の手前で通常区間から路面区間に入ります

信号待ちです

通常の電車が車と一緒に信号待ちの風景、今は珍しくなりました

車両の端に警告灯がついています

道路を走る電車、遠くから見ると少し違和感ありますね

浜大津駅に侵入する京阪京津線車両です

浜大津駅には石山線も走っています



2両固定編成なのでしょうか?連結機でなく棒でつながってます
 (掲載当時と同じコメントです)