2019年12月7日土曜日

撮り鉄 お客様写真674

駅長ブログ ライブラリー
2014年3月29日掲載 撮り鉄 お客様写真674
鉄道博物館 ED75形式交流電気機関車、運転室初公開!
2014年3月24日撮影
(撮影場所)
鉄道博物館
(お客様のコメントです)
2014年3月21日(金)~5月12日(月) 期間限定でED75の運転台が一般公開されています!
公開時間は平日14時00分~15時00分 土休日12時30分~13時30分で
各回先着約20組、3分間の入替制になっています。

公開時間の15分前に順番待ちを開始、二人目で入れましたが公開時間になると30分待ちの行列ができました。

二階デッキから撮影。

ED75の入り口にいる女性ガイドが解りやすく運転台を案内をしてくれます。
運転台内部は収蔵前に秋田車両センターで全検並みの整備を受けています。

雑誌でもあまり見る事の無い助手席側

運転台
黄色い枠は機器に触らないようにアクリル板で保護がされています。

主幹制御器(マスターコントローラー)

運転席後部にある機器制御盤

室内から撮影した貫通扉
貫通扉を開けられない様、ドアノブには赤いキーチェーンがかけられています。


ヘッドマークも現役末期の実物が装着されています。
同じあけぼのにも使用されていた20系ナハネフ22にもテールサインが
あけぼのとなっています。
おそらくあけぼのの引退記念の一環でしょう。


(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月6日金曜日

撮り鉄 お客様写真683

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月8日掲載 撮り鉄 お客様写真683
多摩川を渡る鉄道 8 JR南武線編
2013年10月13日撮影
(撮影場所)

JR南武線多摩川橋梁(東京都稲城市・府中市)
(お客様のコメントです)

多摩川に架かるJR南武線の橋梁です、府中本町~南多摩間、左が東京都稲城市、右が府中市です。
西多摩地方の名峰である大岳山をバックに南武線の撮影が出来たのは、この上ない喜びでした。
小さい時からこの山を眺めて育った自分にとって、大岳山はまさにふるさとの山だからです。
 この橋梁は、東側にある都道是政橋からのアングルが良いのですが、夕暮れ時の逆光だったので、
撮影は難しかったです、反対側から撮ろうと移動しましたが・・・。
実は、南武線多摩川橋梁のすぐ西隣に武蔵野線貨物線橋梁が架かっています。
つまり、西側からの南武線撮影は出来ませんでした。
ならば、貨物線撮影とばかりに1時間粘っていましたが、残念ながら、この日貨物列車には縁がありませんでした。
しかたなく海からのキロポストと鉄橋だけを記念に撮って帰りました。






(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月5日木曜日

撮り鉄 お客様写真682

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月7日掲載 撮り鉄 お客様写真682
多摩川を渡る鉄道 7 京王相模原線編
京王線8000系
2013年10月13日撮影

(撮影場所)
京王相模原線多摩川橋梁
(お客様のコメントです)

京王相模原線多摩川橋梁はトラスがある鉄橋です。撮り鉄のしづらい鉄橋です。
多摩川本流の上を車両が通り過ぎる場合はトラスが邪魔になるので、
調布市側の河川敷の上にさしかかった時がシャッターチャンスです。
秋とはいえ炎天下で狙っていたのでいささか疲れました。
京王線8000系と都営新宿線乗入10-300系を撮って引き上げました。
撮り鉄は粘り強さと体力が必要であるとつくづく感じました。

京王線8000系



京王線8000系

都営地下鉄新宿線10-300系
(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月4日水曜日

撮り鉄 お客様写真681

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月6日掲載 撮り鉄 お客様写真681
ED78-2号機 長町機関区にて

1993年撮影
(撮影場所)
長町機関区
(お客様のコメントです)
当時、東北旅行に行った最終日に撮影、この頃は、事前に見学を申し込むと機関区の見学が出来た良い時代でした。
後ろに小さく映っているのは、ED75貨物更新色です。
(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月3日火曜日

撮り鉄 お客様写真680

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月5日掲載 撮り鉄 お客様写真680
キハ40 特急 指宿のたまて箱
2012年9月2日撮影
(撮影場所)
指宿枕崎線 宮ヶ浜駅付近
(お客様のコメントです)
薩摩半島に伝わる竜宮伝説をテーマにした”特急指宿のたまて箱”
白黒の大胆なカラーリングとゆったりとしたソファーシートが特徴的な車両です。





駅に到着すると、竜宮伝説の「たまて箱」をイメージさせる演出で、煙にみたてたミストがドアの上部から噴出します。
(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月2日月曜日

撮り鉄 お客様写真679

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月4日掲載 撮り鉄 お客様写真679
スヤ50 5001


1995年秋撮影
(撮影場所)
大宮工場一般公開
(お客様のコメントです)
当時余剰となっていたオハフ50を改造して造られた、車体各部に設置された光センサーで車輌と建造物が支障しないかを測定する「建築限界測定車」。戦前製客車改造の前代の老朽化にともない用意されたものの、使えるように調整を終えるにはこれより1年以上かかったようです。現在は「East-i」併結対応にともない装備の追加と塗装変更が行われ重量が増加、「マヤ50 5001」となっています。
(掲載当時と同じコメントです)

2019年12月1日日曜日

撮り鉄 お客様写真678

駅長ブログ ライブラリー
2014年4月3日掲載 撮り鉄 お客様写真678
EF62 43+12系お座敷「やすらぎ」


1994年春撮影
(撮影場所)
大宮駅
(お客様のコメントです)
普通の駅撮り…なのですが、当時のファンは当時3輌のみ在籍となって希少となったEF62でも、褪色し
状態の良くない54号機よりも塗装の美しく状態の良い43・46号機が来ると「大当たり!」と喜んだものでした。
(掲載当時と同じコメントです)