2018年4月23日月曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅12

駅長ブログ ライブラリー
2012年9月15日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅10
松本遠征
松本電鉄 古豪のED301

2012年8月15日撮影
(撮影場所)
新村駅
(お客様のコメントです)
夏休みを利用し長野方面にて「乗り鉄&撮り鉄」を楽しんで来ました!
この日はお盆で貨物列車の運行が無く、貨物を牽く機関車の撮影が出来なかったのが残念でした。


新村駅構内 通称「青ガエル」

松本電鉄3000系

南松本駅構内
EF641010 1エンド側  EF641038 2エンド側
1010号機は青梅線で石灰を牽いている頃見たのが最後で、今回十数年ぶりの再会に胸が熱くなりました!

EF64のジャンパ栓 カッコイイ!

松本車両センター
マニ50 2029
マニ50の実車をま真近で見る事が出来たのですが、"物置"となっていてガックリ・・・
保護棒にはパーキングの看板が掛けられていました。

西松本駅 3000系

松本駅構内
E351の貫通側を見れるのは珍しいですね!
猛暑の中での手洗い洗車、皆さん一生懸命に清掃作業していました!


松本駅
E233 臨時上諏訪行きH56応援車
この日は、諏訪湖の花火大会開催日、応援車両として松本駅にいました!
方向幕が珍しい「上諏訪」行きです!
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年4月22日日曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅11

駅長ブログ ライブラリー
2012年9月7日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅11
ジオラマ京都JAPAN & 嵯峨野トロッコ列車
今年の夏休みは、家族で京都旅行に行ってきました。
旅行の目的は、嵯峨野トロッコ列車への乗り鉄。
トロッコ嵯峨駅では、実物のEF66運転台を使ったHOゲージのレイアウトが楽しめます!
平成24年8月7日撮影
(撮影場所)
ジオラマ京都JAPAN
(お客様のコメントです)
EF66の運転台が2機も!とってもカッコいいです。

実物の運転台から、目の前のHOゲージを走らせる事ができます。
  この高さからだと、HOゲージでも小さく見えまます。

嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車
こちらは乗り鉄したトロッコ列車、トロッコを牽引するのはDE10。


列車は保津川渓谷に沿って、ゆっくりと走ります。
保津川の上にかかる「保津峡駅」に、山陰本線が停車しているのが見えます。

 (掲載当時と同じコメントです)

2018年4月21日土曜日

お客様車両266

お客様車両
旧しなのマイクロ 長野電鉄ED5000
先に入手した国鉄ED15の兄弟製品、長野電鉄ED5000を入手しました!
実車はED15と同じ日立で製造された、兄弟機と言える車輌です。近年まで稼働状態でしたが、昨年5001号車は解体、5002号車は長野近辺の地元業者に引き取られたようです。
ケースはどうも弱い造りのようで、先のED15同様ひびが入っていました。(個人的な感想ですが、ケースの弱さは旧マイクロ系の業病のようで、末期のプラ製品までひきずってしまいます)

製品は40年前のもので繊細なエッチング車体ははED15同様。ただ、帯塗装がラフである…とは当時から言われていたようです。(どうも手作業で塗り分けて数を作っていたせいみたいですね)

一方パンタグラフはエッチング表現でシューが作られており、現代でも見られない繊細な表現です。組立ての手間も含め担当者の熱気が垣間見える気もします。ワールド工芸でもまず今後手は付けない題材でしょうし…

ED5002と車体エッチングモールドがありますが、先にも言ったように結果的に現存ナンバーとなりました。大昔の鉄道模型趣味誌で地元ファンが最末期仕様にフルディティールアップした作例がありましたが、さすがに現存数を考えると躊躇します。
車体のリベット表現などは、この時代だと手描きで描いた原図を写真製版で縮小して…という手間がかかってるんですよね。製図ソフトなど夢そのものだったアナログ時代の熱気の一端…として保存したいと思います。


2018年4月20日金曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅10

駅長ブログ ライブラリー
2012年9月5日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅10
北海道旅行記 Part
三日目(最終日)

26日は函館路面電車めぐりです。
一日乗車券を買いまずは駅前で冷房車3500と車体更新車8000をパチリと軽く撮影、
乗車し赤レンガ倉庫見物へ。
その後赤レンガ倉庫近くの「十字街」電停で形式消滅間近の古参車800を撮影。
製造から47年の老兵ですしさすがに車体の疲れは隠せません。

その後「谷地頭」電停方面へ移動。終点の電停でして、目的であったアルナ車輌製低床電車9600形、
通称〔らっくる〕の到着を待っていたのですが普段と感覚が狂い上手くいきません!
結局710形の広告車数枚を撮影したあと近くの蕎麦屋で昼食。

五稜郭方面へ向かいましたがその最中連続して96002編成とすれ違い、
順光で撮影可能な「中央病院前」電停へと移動、2編成とも撮影成功しました!
その後「五稜郭公園前」電停へと移動しましたが、先行電車と20Cm弱間隔で停車するという
ちょっとした神業的な運転技術を見せていただきました。
そして五稜郭見物後、除雪用のササラ電車より復元した古典電車、
30形〔函館ハイカラ号〕に終点の「湯の川」電停まで乗車しました。
見た目は昔の姿で台車と機器は流用していますがさすがに車体は元の木製のものは使えず、
1992年に新製したのだそうです。
ここまできたら全線乗りつぶしだということで「湯の川」電停より
「函館どっく前」までの電車に乗り全線制覇!
その後函館山で夜景見物をし、翌日27日午前322分発の青森行き
「はまなす」で北海道を後にしました。
途中少しトラブルも有りましたが全般に楽しい旅行でした!

~了~
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年4月19日木曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅10

駅長ブログ ライブラリー
2012年9月4日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅10
北海道旅行記 Part
二日目


 


2567分に「はまなす」は札幌に到着。列車が多く発着する朝時間帯なので撮影タイムです。
ノースレインボーエクスプレス7113扉非冷房車 及び国鉄復元色などを撮影.
簡単に朝食を済ませた後、新札幌で現地の友人と合流です!






友人の車でサッポロビール庭園駅まで移動した後撮影タイム。
北斗星や785721系快速エアポートDF200牽引貨物などを撮影しましたが
普通列車に至るまでことごとく半端でない速さ!
関東圏の感覚でいると撮影失敗します!
特にキハ201の速度性能は異常で電車以上、度肝を抜かれました!
オーバースペックのため増備が無いのもうなずけるかも…。
その後完全電車化間近の学園都市線で再遭遇しました。
しかしバッテリー切れのため撮影は終了。
その後手稲で友人と別れ快速エアポートで札幌駅へ、1815分発の「北斗20号」で函館に向かい
2148分函館到着、その日は駅前のビジネスホテルで宿をとりました。


~2日目終了~
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年4月18日水曜日

駅長ブログ ライブラリー 乗り鉄 お客様思い出の旅10

駅長ブログ ライブラリー
2012年9月3日掲載 乗り鉄 お客様思い出の旅10
北海道旅行記 Part
一日目
先日私めは823日から27日にかけてけっこうな大旅行である北海道に行ってきました!
まずは823日、新宿駅より2310分発の「ムーンライトえちご」でスタートです!

臨時化されてからここのところ車輌を「能登」にとられて183系一般車であったので不安だったのですが、今回は所定の485系。居住性にはかなりの差があるのでこれは良かったです。
羽越本線乗り換えの関係から24日午前436分ごろ新津で下車。
「トワイライトエクスプレス」と遭遇!
その後キハ110+キハ1202連、616分発の酒田行きに乗車。

風光明媚な車窓風景を楽しみながら930分酒田で普通列車に乗り換え1130分に秋田へ。
ちょうど「リゾートしらかみ」の〔くまげら〕編成が停車しておりました。

待ち合わせ時間があったので昼食後1334分発の大館行き普通列車に乗車、1522分に到着。長閑な駅構内にはレール輸送チキが停車しておりました。その後1555分発の弘前行きに乗ったのですが途中でゲリラ豪雨に遭遇、20分ほど遅れて到着いたしまして、すぐに青森行きに乗り換え。
途中の鶴ヶ坂で途中下車し現地の温泉浴場に入浴、1855分に青森に到着致しました。
夕食の後しばし駅構内で撮影タイム!2242分発の急行「はまなす」に乗車しましたがその際サプライズがありまして機関車次位に高速軌道検測車マヤ34が連結!
東日本管内では既に見られない車輌なので明確に記録に残しておきました。
はまなすは指定券が取れなかったので自由席でしたが、やはり元グリーン用の座席を使用している指定席車やカーペット車と比べるとかなり体にきつかったのも事実。
次回からはもっと早めに予約しようと思いました。

1日目終了~
 (掲載当時と同じコメントです)

2018年4月17日火曜日

おかげさまで7周年

毎度駅長ブログをご覧頂き誠に有難うございます。

本日、4月17日でファインクラフトは、開店7周年を迎えることが出来ました。
皆様に楽しく運転して頂けるよう、スタッフ一同一生懸命頑張りますので、
これからもファインクラフトをよろしくお願いいたします。