2018年10月9日火曜日

お客様車両274

お客様車両
103系 武蔵野線仕様
グリーンマックスの103系一体成型キット(グリ完由来)から、90年代以降の武蔵野線タイプとして製作しました。

以前レストアした同じグリ完由来73系と車体塗装以外は大して手間が変わらないと思い着手したのですが、それが泥沼に。
キットは発売が40年以上昔で、表現の古い部分や間違っている部分も多く、全部直していると完成しないので「らしいもの」と割り切る事にしましたが、いかんせん実車がたらいまわしの末流れついた旧車の集まりだったのでそれらしく表現するのもかなり手間でした。
前面にはアクセントとして8両化完了まであった「8CARS」表記を、大昔GMがだしていた「スペシャルステッカー」を使い表現。(販売店でも棚の中半ば忘れさられていた物)

クーラーはKATO製を使いましたが、先頭のクハには既存のクーラーモールドがあったものの、40年前の成型水準でかなりきつい見た目だったため、一度削除しつけなおしたのですが、古い成型技術のためやたらプラ肉厚が分厚く削除すること自体が手間でした。

特に中間の内2両は、同じGMの101系板キットをユーザーに修正させて103系に見立てさせるという、現在からみると鬼仕様(現行のREVOキット使った方が早いです)でした。

塗装はGMの朱色1号にガイアノーツのクリアーブラウンを混入して既製品に似た色合いにしたもの。屋上のグレーはは迷いましたが「晩年の更新車は原型よりも屋根色が濃く見えた」との説に従い航空機用の濃いチャーコルグレーに。





車体各部にはトレジャータウンのインレタで標記を転写。武蔵野線にいた番号にはしていますが形態は雰囲気物のため恐らく一致しておりません(苦笑)

時代という物を強く感じさせられたモデリングでした…

0 件のコメント:

コメントを投稿